戻る



水矢倉跡 平小田坂

水矢倉跡
  三の門を抜けゲートを入った辺りに 水矢倉がありました。
  小諸城は火山灰地で井戸を掘ってもだめたったようで、城下
  町の中沢川から「とよ」を使って水路で城内に運び、この水
  矢倉で汲み上げた様です。
  現在は石垣だけがのこされています。

平小田坂(ひらこださか)
  ゲートの右手の坂で別名一騎立(いっきだて)と言います。
  そこを登ると二の門跡です。
  明治4年の国道大改修の時、右側にあった石垣を端縁(はし
  ぶち)に使用され砂岩の断崖だったのですが、昭59年に再
  築され往事をしのばせています。

 

パノラマ写真をご覧になるためには、Apple QuickTimeが必要です。下のバナーをクリックして最新のプレーヤーをインストールして下さい。
クイックタイムプレーヤーのインストール

 


戻る